レンタルサーバーの選び方

ホーム>

ディスク容量と転送量

ディスク容量とはレンタルサーバーでユーザーが使用可能な容量の事を指します。ユーザーは許可された容量内でサイトを作成する事になります。

必要容量はサイトの内容によって異なりますが、規模の大きなサイトや大きいサイズのファイルを多数置くサイトでないかぎり1GB(=1000MB)もあれば十分です。

転送量

転送量とはファイルにアクセスした際に転送されるデータ量の事で、アクセス数に応じて転送量も大きくなっていきます。

レンタルサーバーでは容量と共に転送量に対しても制限を設けている事が多く、制限以上の転送量を発生させると「追加料金」「上位プランへの移行」を求められる事もあります。

実際にサイトを作成してみないと、どれくらいの転送量になるかわかりませんが、目安として以下のようなサイトを作成する場合は注意が必要です。

転送量が多くなりがちなサイト
画像などのファイル配布サイト
掲示板やチャットなどコミュニケーションがメインのサイト
総ページ数が数千に及ぶサイト

ただし最初から転送量を気にし過ぎて、月数千円を超えるような有料サーバーと契約してもそれに見合った転送量があるとは限りません。そのため、上記のようなサイトを作成する場合でも最初は月額500円前後の有料レンタルサーバーか無料サーバーを利用するのがおススメです。

その上でなんかしらの警告がきたら、サーバーの移転やプラン変更などを検討しましょう。

【ドメインの基礎】へ>>